女子大生ナンパ一本釣り!1ヶ月で13人の成功をおさめた具体的手法

女子大生ナンパ一本釣り!1ヶ月で13人の成功をおさめた具体的手法

お疲れ様です!SNSで高級料理あげてる女子だいたいパパ活してる。

どうもコジロウです。

出会いを求めている人の中には、女子大生をナンパしたいと思う人もいるのではないのでしょうか。

そんなあなたは今、

「女子大生ナンパってそもそもどうやるの?」

「女子大生ナンパで意識することは?」

「どこで女子大生と出会えるのかな…」

「ナンパして断られないかな…」

「女子大生にどうやって声をかけるの…」

と気になっていますよね。

女子大生をナンパしようと思っても

どこで女子大生と出会えるのか
どうしたら断られないのか
どんなことを意識するのか

など、わからないことだらけです。

そこで本記事では

実際にナンパで女子大生の彼女をゲットした筆者が、「女子大生ナンパをするときに気になる疑問」を1つ残らず解決します。

この記事で紹介する内容を1カ月実践し続ければ、少なくとも10人の女子大生とナンパで繋がれるようになれます。

実際に筆者はナンパ初心者のころこの方法を実践して、1カ月で13人の女子大生と知り合うことができました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.女子大生と出会うにはナンパは果たして最適な方法なのか

「女子大生と出会いたい!」と思っていても、自分から出会いに行かないとなかなか出会えないものです。

女子大生との出会いは合コンや相席屋、クラブなどさまざまありますが、そのうちの1つがナンパです。そこで

女子大生と出会うにはナンパが果たして最も良い手段なのか?

という問題について見てみることにします。

結論から言うと答えはNoです。

1-1.なぜ女子大生のナンパすることはだめなのか?3つのデメリット

女子大生ナンパのデメリットをまとめると以下のようになります。

  1. ナンパという行為自体印象が悪い
  2. 効率が悪い
  3. 外見がより重視されやすい

まずナンパそのものに抵抗がある女子大生が多いという問題があります。

実際に、女子大生がナンパに対してどういった印象を持っているのかは後ほど話します。

効率の面から言うと、ナンパはお金こそはかからないですが、合コンや相席屋と比べて外見がより重視されます。

なぜかというとナンパされたときに女子大生が足を止めるかどうかの判断は話しかけられたほんの一瞬の間にするからです。

一瞬で女子大生の足を止めさせるためには、わずかな時間でも好印象を持ってもらえるような身だしなみを整えたり、声をかけることができるメンタルを身に着ける労力が必要となります。

その労力に対して得られる結果は割に合わず、1人も話すら聞いてくれないことだってあります。

このように効率の面に関してナンパは最適な方法とは言えません

女子大生が足を止めるかどうかはぱっと見で決まるということは、ナンパは外見がより重視されやすく、顔がカッコイイ人は普通の人に比べてより女子大生の足を止めることができるということです。

実際に、女子大生の友達は顔がカッコイイからというだけで足を止めたことがあります。

イケメンに対してそうでない人は圧倒的に不利であるというのがナンパ最大の欠点です。

1-2.女子大生のナンパに向いている人の5つの特徴

女子大生ナンパは向いている人と向いていない人がいます。

次のうち1つでも当てはまるものがあれば女子大生ナンパに向いています。

ナンパに向いている人はぜひナンパという手段を試してみてはどうでしょうか。

  1. チャラい人
  2. 女性経験が豊富な人
  3. 失敗を恐れない人
  4. ポジティブシンキングの人
  5. 根気強い人

チャラいに関してはあまり気にしないでいいでしょう。

チャラい人はもとからチャラいのであり、チャラくない人がチャラくなろうとすると変に違和感を感じられ逆効果になりかねません。

チャラい人はノリで女子大生をナンパしてなんとかできてしまうので非常にナンパ向きです。

女性経験が豊富な人は女心をわかっているので、自然と初対面の女子大生でもスムーズに話ができてすぐに距離を縮められます。

どう距離を縮められるかの問題に直面しないのでナンパ向きと言えます。

残りの3つに関しては意識の問題です。

失敗を恐れない人は声をかけることをためらわないので、女子大生相手でも積極的に声をかけていけます。

ポジティブシンキングの人は女子大生ナンパに失敗してもまた次へと気持ちを切り替えることができるので、失敗を引きずることがありません。

根気強い人は失敗しても諦めずに成功するまで声をかけ続けることができます。

これらの意識を持てる人はいずれにしても女子大生ナンパ向きだといえます。

1-3.女子大生のナンパに向いてない人の3つの特徴

女子大生ナンパに向いていない人の特徴は次の3つにまとめます。

  1. リスクを考えてしまう人
  2. 慎重派
  3. 気持ちの切り替えができない人

内容はほぼ女子大生ナンパに向いている人の特徴の裏返しです。

行動するより前に考えてしまう人や、100%成功する場合じゃない限り行動に移さない人はあまり向いていません。

また女子大生ナンパに失敗はつきものなので、気持ちの切り替えができない人は女子大生ナンパが成功する前に諦めてやめてしまいます。

ここで言いたいのは、女子大生ナンパに向いていないからといって女子大生ナンパを諦めるのは悪いことではありません。

誰でも得意不得意があるので、女子大生ナンパが苦手でできない人は違った方法にトライしてみるのもいいと思います。

筆者が思うに女子大生と出会う最適な方法はハッピーメールです。

ナンパができない、やってみたけどうまくいかなかったという人はぜひ一度試してみてはどうでしょうか。

2.女子大生に聞いた「ナンパしてくる男」ってあり?

女子大生側からの意見を見ていきましょう。

女子大生はナンパに対してどういった印象を持っているのでしょうか。

女子大生の意見は大きく

  • ナンパは絶対嫌
  • ナンパとは出会いの1つ

というものに分かれました。

順番に見ていきましょう。

2-1.ナンパしてくる男は嫌!

ナンパの印象を聞いてみたところ、圧倒的に多かったのがナンパに対してネガティブな意見です。

まとめると次の4つになります。

  1. 怪しいから信用できない
  2. 身体目当てで気持ち悪い
  3. 軽い女だと思われてそうで不快
  4. 特別感がなくて好きになれない

まず女子大生は相手のことを何も知らないので、相手がどんな人なのかがわかりません。

何も知らないことは怖いことであり、何をされるかわからないという女子大生の不安をあおります。

そのため与えられる情報量が少ないナンパにはあまりいい印象を持っていません。

最も多かったのは身体が目的で気持ち悪いという意見でした。

ナンパで出会った人とはその日限りでもう会わなくなるなんて話はよくあります。

男性にとっては、その日に何をしてもその後の自分の人生になんの影響もないということです。

女子大生からすると、それはホテルへお持ち帰りされるかもしれないという恐怖になります。

多くの女子大生にとって、ナンパしてくる男は身体目的で近づいてきていると思われているのです。

ナンパには失敗がつきものであり、たくさんの人に声をかけるのが当たり前です。

しかしそれは女子大生から見ると「私じゃなくても誰でもいい」「本気じゃない」と思われてしまうこともあります。

ナンパしているところを見られると女子大生からはよく思われません。

2-2.ナンパとは男女の出会いの1つ

その一方で、ポジティブな意見もありました。

  • ナンパは立派な出会いの1つ
  • 話してみたら意外と良い人が多い

ナンパにポジティブな意見を持つ女子大生は、 バイトやサークルで出会うこととナンパで出会うことに違いはないので、ナンパを出会いの手段の1つであると考えています。

またナンパに対して悪い印象を持っていた女子大生でも、実際にナンパ師と話をしてみて印象が良くなったという人もいました。

ここで良いナンパはナンパの印象を上げることにつながることがわかります。

ナンパにポジティブな考えを持つ人を増やすためにも、より質の高いナンパが求められます。

3.ナンパの印象を悪くしている失敗例5選

ナンパの印象はうまさによって良くもなるし悪くもなります。

ここでは女子大生の友達がされた実際にあったナンパの失敗例を具体的に5つ紹介します。

  1. ナルシストすぎる
  2. デリカシーがない
  3. しつこくついて行く
  4. ローテーションでナンパする
  5. 会話が楽しくない

3-1.ナルシストすぎる

ex.街中を歩いていると突然「俺有名人の〇〇に似てない?」と声をかけられた。

自分に自信を持ちすぎると、女子大生からはただ自己主張が激しい人としか認識されず迷惑だと思われてしまいます。

自分に自信を持つことは悪いことではありませんが、それを相手に押し付けることはかえって逆効果です。

3-2.デリカシーがない

ex.男が股間を触りながら近づいてきて、「触ってもらっていいですか」と言ってきた。

デリカシーのないお願いは気持ち悪い、怖いというマイナスの印象を女子大生に強く植え付けます。

お願いだけでなく、「何カップ?」「処女ですか?」といったデリカシーのない質問も女子大生をドン引きさせます。

こういった行為はセクハラと訴えられかねないので絶対やってはいけません。

3-3.しつこくついて行く

ex.家に帰る途中「どこ行くの?」「今から遊ばない?」と質問され続け、しつこくついてこられた。

声をかけてくるまではいいですが、相手が拒否しているのにしつこくついて行き続けるのは良くありません。

女子大生が帰り道の途中だと、もし家までついて来られたらどうしようと怖くなってしまいます。

ナンパをまくためにためにわざわざ回り道をしなければいけない場合もあるので、ナンパはうざいと認識されます。

3-4.ローテーションでナンパする

ex.3人組の男グループが1人ずつ順番にナンパしてくる。

グループで同じ人を順番にナンパすることは女子大生に遊ばれているという印象を与えます。

また他の人のナンパを拒否した女子大生に声をかけに行っても結果は同じなので、しつこいと思われるだけでなくお互いにとっても時間の無駄です。

3-5.会話が楽しくない

ex.相手に質問されて答えても「へ~そうなんだ~」しか返さなく話が発展しないので会話も弾まない。

女子大生ナンパにおいて大事なのは相手を楽しませることです。

女子大生は話が楽しくないとこの人について行きたいと思わず、ナンパはつまらないものと認識してしまいます。

ナンパの印象を良くするためにも相手を楽しませるナンパをしなければなりません。

4.誰にでもできる女子大生をナンパするときの7つのコツ

女子大生ナンパはコツさえつかめば誰にでもできます。

女子大生をナンパするときにこれだけは押さえておいてほしい7つのコツを次の順序で紹介します。

  1. 女子大生ナンパの声のかけ方
  2. 女子大生ナンパのスポット
  3. 女子大生ナンパのトークスキル
  4. 女子大生ナンパの身だしなみ
  5. 女子大生とのコミュニケーション
  6. 女子大生へのアプローチ方法
  7. 女子大生ナンパの時期

4-1.最初が大事!女子大生の興味を惹く声のかけ方

ナンパは興味を持ってもらわなければ話を聞いてすらくれません。

そこで大事になるのが最初の声かけで相手の興味を持たせることです。

最初の声かけでどんな形であれ女子大生の足を止めることに成功すれば、女子大生は自分に興味を持ったということになります。

ここでは声かけで女子大生をどう足止めするかのコツを以下の3つに分けて紹介します。

  1. 後の言葉のキャッチボールを意識した声かけ
  2. 自分が楽しい雰囲気を出した声かけ
  3. ナンパと思わせない声かけ

4-1-1.後の言葉のキャッチボールを意識した声かけ

ex.「これからどこに行かれるんですか?」と行き先を聞く。

これはキャッチの声かけに少し似ています。

どこ行くかを聞くと行く場所を答えなければなりません。

場所を知るとそこから「どうして?」「誰と?」「いつまで?」「その後は?」と話を広げることができます。

女子大生は会話をする前はナンパを簡単に無視できますが、ある程度会話をしてしまうとナンパを無視してその場を離れづらいものです。

「今暇?」「暇じゃないです」で終わってしまうような声かけに比べ女子大生の足を止めやすいので、なるべく会話することを意識しましょう。

4-1-2.自分が楽しい雰囲気を出した声かけ

ex. 「お姉さん暇?遊ぼうよ!」とフランクに明るく誘う。

相手の興味を惹かせるためには相手に楽しいと思ってもらえなければなりません。

そのためには自分が楽しい雰囲気づくりをすることが大事です。

自分が楽しそうにしてると「この人について行けば楽しそう」と女子大生に思わせることができます。

4-1-3.ナンパと思わせない声かけ

ex.この辺でおいしいお店ありますか?

個人的にこれが1番おすすめしたい方法です。

ナンパは世間の評判が悪く女子大生の足を止められないのならば、ナンパと思わせなければいいのです。

そこでよく使われるのが「おいしい○○知っていますか?」という言い回しです。

筆者は今までに「おいしいラーメン知っていますか?」と見事に2回逆ナンを成功されました。

この方法だと紹介してくれた店に「よかったら一緒にどうですか」と自然に誘えるし、お店を探す手間も省けます。

効率、確率の両方の面においてナンパと思わせない声かけは有効です。

4-1-4.女子大生は複数の方がナンパしやすい

女子大生ナンパは相手が複数の場合、1人のときと比べて成功確率は高いと言えます。

理由は2つあり、1つは女子大生が1人の時に比べて緊張が少ないということです。

女子大生は1人では怖くても2人なら好奇心でついて行きたいという人が多くいます。

2つ目は声をかける対象が増えるということです。

女子大生が2人ならどちらか1人の足を止めることができれば、粘り次第で2人の足止めができます。

ただし相手が複数の場合は、その日のうちに女子大生に手を出しにくいという欠点があります。

ナンパしやすさを重視する場合は複数人を、女子大生に手を出せることを重視する場合は1人をナンパするのがいいでしょう。

4-1-5.女子大生ナンパで深追いすべきとき

2、3回声をかけても見向きもしないような女子大生は深追いするだけ時間の無駄です。

ナンパを毛嫌いしている女子大生をしつこくナンパするのは警察にも通報されかねないのでやめておきましょう。

逆に足を止めて話を聞いてくれる女子大生はしつこく食らいつくべきです。

女子大生がナンパを断る理由を聞いてそれを1つずつ解決すると、ほとんどの女子大生はついて来てくれます。

女子大生を深追いすべきかどうかは声をかけたときの女子大生の反応で決めるようにしましょう。

4-2.女子大生と出会うならここ!おすすめ4選

女子大生とどこに行けば効率良く出会えるのでしょうか。

おすすめは次の4か所です。

  1. 女子大の最寄り駅
  2. クラブ
  3. キャッチがよくいる場所

1番効率がいいのは女子大の最寄り駅です。

夕方ごろを狙うと駅周辺はほぼ女子大生しかいないので、女子大生ナンパには絶好のスポットです。

ただしやりすぎると学校側に不審者として伝わり、女子大生に警戒されるので激しいナンパは控えましょう。

クラブは女子大生になったら1度は行ってみたいと思う場所の1つです。

毎日たくさんの女子大生がクラブに来ます。

クラブナンパのメリットは、真っ暗なのでお互いに外見が2割くらい増して見えることです。

他にメリットとしてはクラブ独特の雰囲気のおかげでキスしたり、ホテルに連れ出したりしやすいことが挙げらます。

女子大生とワンナイトしたい人にはクラブはおすすめです。

キャッチがいるところに行くと今から飲み食いしようとしている若者に多く出会え、そこには女子大生も多く含まれます。

キャッチがいるところは飲食店に近いので「よかったらご一緒しませんか?」とより誘いやすくなります。

キャッチを基準に場所を決めた女子大生ナンパは、食事までの流れもスムーズでやりやすい方法です。

夏限定にはなりますが海でナンパする方法もあります。

海に来ている女子大生はテンションが上がって解放的になる人が多いです。

いつもならナンパを無視する女子大生も海でなら話を聞いてくれることがあります。

女子大生が多く来る海はナンパにもってこいの場所だと言えます。

4-3.明日から使える女子大生を楽しませるトークスキル

女子大生に声をかけた後楽しませることができなければナンパは成功しません。

女子大生を楽しませるために意識しておくべきことをまとめると次の3つになります。

  1. 女子大生に敬意を払う
  2. 女子大生の興味をつかむ
  3. 言われたことを言い返す

4-3-1.女子大生に敬意を払う

ex.「よく彼氏とこの辺に来るんですか?」と女子大生が彼氏持ちで当然なほど魅力的な人だと伝える。

女子大生を楽しませるためには女子大生に敬意を払うことが重要です。

女子大生は女性として見られたいという欲求を持っています。

会話の中であなたは女性として魅力的であるということを伝えましょう。

自分のことをよく言ってくれる人に対して女子大生は悪い印象を持ちません。

むしろ心のどこかでもっと褒めてほしい、もっと認めてほしいと思うようになります。

女子大生は自分を認めてもらうために自分から話を振ったり質問したりしてきます。

そうすると自然と会話に弾みが出てきて女子大生との距離も縮まるでしょう。

女子大生とのトークにおいて、敬意を払うことは会話の内容に関係なく常に意識しておかなければなりません。

4-3-2.女子大生の興味をつかむ

ex.「あそこの通りにオシャレなパンケーキ屋さんあるんだけど一緒に行きませんか?」とオシャレなパンケーキ屋さんという言葉を入れて誘う。

女子大生は自分が興味のあるワードが出てきたら、もっと知りたいと無意識のうちに思うものです。

まず女子大生が気になるようなキーワードを会話の中でいくつか織り交ぜます。

その中で1番食いついたキーワードを軸に話を展開していきましょう。

女子大生は自分の興味をそそられるとテンションが上がり、よく自分から喋るようになるので会話が弾みます。

上の例では「オシャレ」と「パンケーキ屋さん」がそのキーワードになります。

女子大生は「映え」をよく好むので「オシャレ」というワードによく興味を示します。

「パンケーキ屋さん」もキーワードの1つですが「バー」や「フレンチ屋さん」などでも問題はありません。

女子大生が好みそうなキーワードで女子大生の興味をつかめるかどうかが話を弾ませるコツになります。

4-3-3.言われたことを言い返そう

ex.今までの女性関係のことを聞いてきたので今までの男性関係について聞いてみた。

この例で言うと「男性経験に関して質問してもいい」ということになります。

女子大生は自分が言いたくないことの話題は振ってきません。

逆に女子大生が振ってきた話題は聞かれてもいいし、なんなら話したい内容なのです。

あるいは男性関係でなにか言いたいことがあるのかもしれません。

言いたいことを言わせることも女子大生を楽しませるコツの1つです。

4-4.スーツでナンパしても大丈夫

ナンパするときの格好に決まりなどないので、仕事終わりにスーツでナンパすることもできます。

では実際スーツでナンパしてくる男はありなのでしょうか。

結論から言うとありです。

なぜかというとスーツの特徴を利用すればナンパにプラスの効果を与えるからです。

落ち着いた大人の雰囲気を出す人は女子大生に好かれます。

女子大生にとってスーツを着ている人はより大人びて見えます。

スーツを着てする落ち着きのある大人のナンパは女子大生受け抜群です。

逆にスーツを着てフランクで軽いノリのナンパをするとスーツの利点が消えてしまいます。

しかしスーツの大人ぽっさと軽いナンパのギャップを狙うのであれば、軽いノリのナンパもなしではありません。

いずれにせよスーツの特徴を活かしたナンパ方法ならスーツでナンパしても何の問題もないのです。

4-5.まずはコミュニケーションをとって相手を知ろう!

ナンパが成功すると、そこから世間話を通じて相手の女子大生がどんな子かを考えます。

相手を知るうえで1番重要になるのがコミュニケーションをとることです。

コミュニケーションを通じて話し方や趣味、どういう性格かなどを探りましょう。

中でも重要になってくるのが女子大生が何を重要視しているかです。

女子大生がどんな人がタイプなのか、またどんな人が嫌いなのかを聞き出すことによって今後の接し方を決めます。

相手の女子大生を理解するために、まずはコミュニケーションをとって相手を知りましょう。

4-6.ナンパする女子大生に応じたアプローチ方法

相手がどんな子かわかったら相手のタイプに応じたアプローチをしましょう。

相手の女子大生に合わせることで気が合うと思わせることが大事です。

女子大生と気が合うためには次の2つのことを知ることが重要です。

  1. 女子大生がどんなタイプの子を嫌いか
  2. 女子大生がどんなタイプの子が好きか

女子大生がどんな人かを探ることでその人の人間性を知ります。

その中でまず女子大生が嫌いなタイプを探りましょう。

女子大生が嫌いなタイプを知ることで女子大生に嫌われないようにすることが重要です。

女子大生が1度嫌いになると、ナンパという短期間で好かれるようになるのはほぼ不可能です。

女子大生ナンパを成功させるには嫌われないことをまず1番に考えましょう。

女子大生は嫌いでない限り、ナンパしてきた人を好きになる可能性は十分あります。

そこで女子大生のタイプを聞き出して女子大生が求める男性像を目指しましょう。

明るく活発な女子大生が同じく明るく活発な人が好きという話はよくあります。

また明るく活発な性格だからこそ、落ち着いた雰囲気の人が好きという人も少なくありません。

女子大生のタイプは実際に聞いてみないとわからないので、思い切って聞いてみることが大事です。

それが女子大生が求める理想の男性への近道になります。

4-7.女子大生ナンパは春がおすすめ

女子大生ナンパに成功しやすい時期なんてあるのでしょうか。

四季の中で最も女子大生ナンパが成功しやすい時期は春です。

女子大生は春に新しい出会いを求めているので、ナンパという出会いを受け入れる人も他の季節より多くなります。

いつもは見向きをしないようなナンパでもつい気にしてしまうのが春の特徴です。

また人肌が恋しい冬の季節は出会いこそ求めてはいますが、寒いし足を止める気になれないという意見が多くありました。

そんな中有効な女子大生ナンパがオンラインナンパです。

声をかけられても足を止めないけど出会いは求めている人が冬に多く集まるのがハッピーメールなどのオンラインです。

女子大生ナンパは1番春が成功しやすい時期ではありますが、オンラインナンパを含めると冬も成功しやすい時期だと言えます。

5.女子大生と一線を越えるときは要注意!

ナンパに成功した女子大生とイイ感じになってそのままホテルへという時には細心の注意が必要です。

もちろん無理に連れていこうとすれば犯罪になります。

また相手の女子大生が未成年の場合も犯罪になりかねません。

後になって面倒なことにならないように、女子大生が自分を受け入れてくれているかをしっかり確認します。

それでも不安な人は相手とのやり取りを何らかの形で記録しましょう。

もし万が一があった場合でも自分に有利に働く証拠になる場合があります。

基本的にナンパはその場の勢いで行動してもいいですが、一線を越える時には慎重に行動しましょう。

6.女子大生必見!うざいしつこいナンパの回避、撃退法

女子大生をナンパしたいという人がいる一方、ナンパを回避したいという人もいます。

急にナンパされてもびっくりするし、どう反応すればいいかわかりませんよね。

そういった女子大生のためにナンパの対処方法を2つ紹介します。

6-1.ナンパされないようにすることがベスト

ナンパ自体が嫌いな女子大生はそもそもナンパされないことが大事です。

ナンパ師が多くいる人通りが多いところはなるべく歩かないようにしましょう。

ナンパ師は目が合うといけると思うので、なるべく目を合わさない方がいいです。

またきょろきょろ周りを見渡すと「何かお探しですか?」と声をかけられてしまうのでよくありません。

スマホを見ながら歩くのも同様に「どこか探していたりしますか?」「案内しましょうか?」と話のきっかけになるのでやめておきしょう。

人通りが多くナンパ師もたくさんいるような場所を通る時には、下を向きながら歩くと声をかけられにくくなります。

私はナンパお断りですという姿勢を全面的に出すことがナンパをされないことに繋がります。

6-2.声をかけられたからと言って焦らない

ナンパされないようにしても声をかけられることもあります。

声をかけられてびっくりして足を止めてしまったり、少し会話してしまっては相手の思うつぼです。

だからまず、声をかけられても焦らず落ち着いていることが重要になります。

そして一貫して無視しましょう。

ナンパされたときに1番有効な手段が無視です。

少し心苦しいかもしれませんが、何を言われても無視することで興味がないことを伝えます。

たいていのナンパは興味がないとわかったら諦めてどこかに行きます。

何度無視してもついてくる場合は警察に通報してしまっても大丈夫です。

また足を止めて話を聞いてしまって、逃げるに逃げれないという状況がよくあります。

そういうときも思い切ってすいませんと言いながら、話の途中でも離れるようにしましょう。

相手とこれから会うことはないので思い切った行動をしても問題ありません。

ナンパを無視する勇気を持てるかどうかがナンパを回避するために重要になります。

まとめ|女子大生のことをよく知ったうえで積極的に質の高いナンパをしよう

女子大生ナンパはコツさえつかめば誰にでもできます。

大切なことは女子大生のことを1番に考えてあげることです。

自分勝手なナンパは絶対にうまくいきません。

女子大生をよく知り女子大生に配慮したうえでナンパをすると、ナンパの質も成功数も上がります。

そうすると自分のナンパの腕の自信にもつながります。

今回紹介したことを踏まえて積極的に質の高い女子大生ナンパライフを送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です